Uncategorized

編集料は部数に依存しない

更新日:

自費で本を出版したいと考えた場合、いろいろなルートが考えられます。すぐ思い浮かぶのが、出版社へ丸ごと依頼する場合。次に、製本までやってくれる印刷会社へ依頼する場合。更に、印刷は印刷専門会社へ、製本は製本専門業者へ自分で依頼していく場合、などです。最初のルートが一番楽ですが、逆に一番見積もりは高くなります。後半へ行くほど、費用は抑えられますが、逆に自分のやることが盛りだくさんとなる事を覚悟しましょう。販売を考えた時も同様のことが言えます。書店に並べてほしいと望むなら、流通取次会社を抱えた出版社で頼むことができますが、手配は全て自分でやった場合、販売の売込みもご自分で、となります。この辺の割り振りは、出版したい本の性格、位置づけによることが大きいでしょう。では、各ルートでの経費算出の根拠として、出版社へ依頼する場合を挙げて説明します。見積りをとると、一番高いランクに入る出版社への依頼パターンでは、「編集料」が大きなウェイトを占めてきます。他の印刷、製本、紙購入等は、各委託会社への発注となるため、それ程大きな変動は無いと考えられています。この編集料として考えられているのは次のような項目です。「本文編集料」や「編集加工料」ほか「カバー版下製作費」とか「イラスト等製作費」が挙げられます。ほかに費用の増減要素として、“和文・欧文混合”かどうか、“段組み”の有無、“本文使用色数”の増加等です。編集料は各社それ相応の基準は示されていますが、原稿の難易度が低いからと言って、大幅にお安くなるとは限りません。結局、各社編集料の基準はあったとしても、実際もらった見積もりは数式通りにはいかないと考えておいた方がいいでしょう。それは編集自体が、ケースバイケースという流動的な要素が多い、というところに起因しているからと言えるからかもしれません。

-Uncategorized

Copyright© 本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめ , 2020 All Rights Reserved.