Uncategorized

印刷会社の自費出版

更新日:

自費出版を手掛けている業者は、何も出版社に限りません。中には印刷会社も存在します。ご想像の通り、印刷が本業ですから、最小限の費用で出版を請け負っています。例えば、編集、校正といった工程を全て著者自身に任せて、印字と装丁だけを担うケースが典型例です。印刷会社以外にも、新聞社、書店等が自費出版を展開していることもあります。いずれにしても、自費出版部門を軽く扱っていないかどうかを、著者としては確認する必要があります。あまりお勧めできない業者としては、自費出版用の部署すら設置せず、受注後の対応も丁寧でないことが見て取れるようなところです。本業の空き時間に対応しているような業者を選んでしまうと、必ず後悔することになります。
 自費出版という性質上、費用対効果を念頭に、業者を選択するのが妥当です。つまり人によっては費用が高くても、手取り足取り助けてくれるのであれば構わないでしょうし、逆に安価でさえあれば、ほとんどの工程を自身でこなせるだけの自信がある人もいるでしょう。どちらかであれば、結果的に満足できるはずです。
 業者の比較検討の方法は、ページ数、部数、装丁、流通形態を具体的に策定し、それを幾つかの業者に通知して見積もりを依頼します。その上で、費用対効果を算出します。思いの外安い時は、何らかの理由があるはずですから、きちんと説明を求めます。はぐらかすようであれば、その業者は避けた方が無難でしょう。
 出版費用の実際は、ページ数と発行部数とが決まれば、大体分かるものです。印刷関連の費用は基本的に16ページが単位となっているため、注意して下さい。

-Uncategorized

Copyright© 本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめ , 2019 All Rights Reserved.