Uncategorized

差別化について

更新日:

自費出版をしようとする際、あまりにも他社との差別化を図ろうとするあまりに、突拍子もないことまで考えついてしまい、結果的に悪い方向へ物事を進めてしまうということはよくあること。原点に立返れば、自分自身の経験に基づいて出版を行うということは、その行為自体が既にオリジナルであり、差別化されているものである、ということを改めて思いを致す必要があるのではないでしょうか。
実際のところ、多くの場合においては、テーマやアイデアなどがこれまでに存在する書籍などとかぶってしまっているケースはあるわけですが、それでも確かな実体験に基づく本であれば、書き方を変えたり、解釈を変えたり見方を変えたりすることで、全く読者への広がり方は大きく変わってくるとい言えます。
しかし、残念ながら、自費出版をしようとする人の多くは、差別化をすることでオリジナルや個性を強く打ち出す必要があると、固定的に考えすぎてしまうあまり、十分に足元を見ないで原稿を作り上げてしまうというケースが後を絶たないと聞いたことがあるような気がします。残念ながらこのようなケースの場合は、すでに自分自身の偏った考え方に基づいて、原稿や企画書が完成してしまうために、これを自費出版行っている出版社に持ち込むと、なかなか審査を通過しないということがよくあるようです。その他にも、編集者をうならせることのできるアピールポイントの一つとしては、「意外性」というものが挙げられるのではないでしょうか。書籍として人目につきやすさを決める要素でもあり、出版前の段階においては、編集者を納得させる現行のスパイスになるとも言えるかもしれません。

-Uncategorized

Copyright© 本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめ , 2019 All Rights Reserved.