Uncategorized

企画を持っている場合

更新日:

企画として書きたいと思うもの、売れると思えるようなものである場合、本の媒体にしたいと考えるのは普通です。もし自分に文章が書けないと思った場合でも、企画さえあれば別のライターに代筆してもらうことも可能です。では、企画を本にする場合は、商業出版と自費出版のどちらが良いのでしょうか。
費用と利益を考えた場合、確実に商業出版の方がプラスになります。自費出版を行うと、当然ながら印刷代などは著者が持たなくてはいけません。しかし、商業行出版の場合は出版社が全ての準備をしてくれることになるので、著者に入るのはプラスの印税だけとなります。本が売れても売れなくても、著者が赤字になることは絶対にありませんし、在庫を抱えてしまう心配もありません。費用面だけで自費出版と商業出版と比べた時には、確実に商業出版を狙った方が良いでしょう。そのため、売れると思う企画の場合を持っている場合、いきなり自費出版を行うより、まず出版社に持ち込みという形式を取った方が早いかもしれません。
もちろん出版社のカラー等もありますので、断られてしまう可能性もあります。それでも自分の企画で本を制作したいと考えた時には、自費出版を考えてみても良いかもしれません。持ち込みで断られた企画が自費出版で大きく売れたというパターンもあるそうですし、逆に自費出版で話題になったものを、商業出版で出さないかと声が掛かる場合もあるようです。また、自費出版で出した自分の本を持っていることで、次の作品を書いた時に自分のアピールをすることもできるようになります。もし出版社に断られてしまった場合でも、自費出版という手段で次に繋げていくことができるかもしれません。

-Uncategorized

Copyright© 本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめ , 2019 All Rights Reserved.