Uncategorized

自費出版と主観性

更新日:

自費出版をする上では、自分語りなどもあまり好ましくないのかもしれません。実際に、実体験に基づいて描かれる自分語りであれば、十分に出版するに足る企画書となる可能性を秘めているわけですが、何も経験していないのにも関わらず、自分自身ではこう考えているというような思考を展開するような自分語りであるような場合には、あまり十分に推し進めることはできかもしれません。また、「自分自身は人並みの人生を歩んできており、珍しい経験や実体験などをしていないため、自費出版をするのには難しいのではないか」という風に考える人もいると聞いたことがありますが、決してそんなことはなく、自分自身に起こった出来事であっても、それに説得力が十分に伴っている場合などには、出版することができるケースが多いようです。様々な経験に基づいて、出版にこぎつけることができるわけですから、編集者をうまく利用することによって、自分自身の企画書が平坦な平易のものであったとしても、出版できるレベルまで向上させることができるというわけです。その際に重要なのが、実際の経験というものです。何も経験していない状況でこのようなものを書くことはできないわけで、とにかく行動をして、自分自身に必要なものを、地道に、下準備しておくと言う姿勢を見せ続けることが、何よりも重要であるということは言えるのかもしれません。

-Uncategorized

Copyright© 本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめ , 2019 All Rights Reserved.