Uncategorized

商業出版との違い

更新日:

出版は、大きく分けて商業出版と自費出版の二種類があります。

商業出版は、あくまで自費出版に対しての言葉です。一般的に出版と言った時には、商業出版の方を指しています。自費出版と違い、印刷などの費用は全て出版社持ちになり、売れなかった場合のリスクなども全て出版社が負ってくれます。

あくまで作家は、出版社からしたら投資をする相手になるのです。作者を支えることで自社から本を印刷して、読者にお金を払って貰うというのが主な図式となっています。当然、大量に売れた場合にはすぐに増刷をしますし、映画化やアニメ化、グッズ展開を行う場合にはまず出版社に話が持ち込まれます。どのような契約になっているかで、作者への還元額も変わってくるそうです。

対して自費出版は、あくまで作者が本を出すまでのサポート、となっています。そのため出版社側は費用を持つのではなく、「印刷などの本づくりのための費用を、作者側から貰う」という逆の立場となっています。出版社が在庫等の責任を負うこともありません。その代わり、契約内容によっては作者に全ての権利がある場合があります。

例えば自費出版で本を作り、その本の流通などを行わない、印刷をするだけの契約だったとします。そこで作られた本を個人で販売してベストセラーになった場合、印税は100%作者に入りますし、出版社が権利を主張することができません。自費出版で話題になった本を、出版社側が「商業出版して欲しい」と頼み込むというケースもあったそうです。自費出版は、話題になって大量に売れるなど、特別な状況になってやっと黒字になる程度だと言います。商業出版と違い、費用が掛かる分でまず赤字になってしまう場合が多いそうです。

-Uncategorized

Copyright© 本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめ , 2019 All Rights Reserved.