Uncategorized

本の販売方法

更新日:

身内で楽しむための本でない限り、自費出版で作った本を何かしらの手段で販売したいと感じると思います。ただし商業出版ではないので、放っておいても本が販売されるわけではありません。自費出版の場合、どのような販売経路があるのでしょうか。

ひとつは書店流通という方法です。これは自費出版を行っている出版社が、サービスの一環として行っていることが多いです。実際の書店に約束の冊数を渡して、書店に並べてもらう方法です。

ただし、「書店に本を渡す」というところまでは約束されていますが、その本を実際にどう並べるかというのは書店側のさじ加減となることが多いようです。書店流通されると聞いて安心していたら、実はほとんど店頭に出されなかった、酷い場合にはずっと倉庫に置かれていたということもあるそうです。

他に、自分で書店に持って行って売り込むという方法もあります。大手の書店では難しいかもしれませんが、個人で行っている場所では承諾してくれるかもしれません。あくまで書店が気に入って置いてくれるという流れになりますので、書店流通と違って店頭に出してもらえる可能性は非常に高いと言えるでしょう。ただし、実際に置いてもらえるかどうかは別の話です。

書店を使わない方法としては、同人誌などの販売会に出店するという方法があります。出店時にお金が掛かることもあるそうですが、本の売上は全て自分のものにすることができます。他には、そもそも電子書籍で売り出すということもできます。リスクも少なく費用も安めに設定されているので、迷った場合には電子書籍から始めてみるのも良いかもしれません。数が多いので人の目につきにくいというデメリットもありますので、自分で宣伝をするなどの工夫が必要です。

-Uncategorized

Copyright© 本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめ , 2019 All Rights Reserved.