Uncategorized

文章力のトレーニング

投稿日:

自費出版だからといって、好き勝手に書き進めてよいわけではありません。出版という伝統を尊重し、世に問うという営為を軽んじることなく、文体に細心の注意を払わなければなりません。そのためには一定レベルの文章力を身に付けることが前提ですが、どのようにすれば恥ずかしくない文章を書くことができるようになるのでしょうか。一番単純な訓練法は言うまでもなく、読書です。小説でも、実用書でも、評論でも、興味のある本をひたすら読むことです。正しい語法や説得力のあるロジック構成法は、多読によって養うことができます。また、語彙も増やすことができます。ですからまずは手当たり次第に「読む」ことが大切です。

ただ読むだけでは、それ以上の文章力向上を期待することはできません。「文章を書いてみる」ことも、やはり大切です。初心者がいきなり何万字もの評論や小説を書こうとしても挫折するのが目に見えています。ですからまずは日記のような簡単なものからトライしてみましょう。そして、それらを読み直す癖を付けましょう。前述しましたが、セルフチェックが鍵になります。前後のつながりが不自然でないか等を確認すると、自分の苦手とする部分が理解できるようになります。文章の下手な人は大抵、自分の足りないところが認識できていません。

読むこと、書くことに加え、「話すこと」も肝要です。話すことは思いの外、色々な能力を駆使しています。相手の立場を慮り、相手が理解できるように話す内容を構成しています。同じ内容を伝えるにしても、相手によって語彙や口調、センテンスの長さ等が異なります。また、伝わりやすいように心掛けますから、「リズム」も意識しています。文章を書く上でも、この「リズム」が非常に大切なのです。

 

 

-Uncategorized

Copyright© 本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめ , 2018 All Rights Reserved.