自費出版の流れ

 


 

自費出版を行う場合、その工程はどのようになるのでしょうか。
ここでは一般的な自費出版における書籍完成までの流れをご紹介します。

 

書籍完成までの流れ

 

1、打ち合わせ初回

注文者の希望や状況を確認できた段階で見積もりを出します。
なおこの初回を皮切りに、今後の流れの中で何度か打ち合わせを行う形が一般的です。
ただし近年では1度も直接会わず、全てをネット完結によるもので済ませるケースも珍しくありません。

2、契約

予算面などの条件に双方納得できたら契約をします。
契約完了後、ようやく本作業開始です。

 

3、入稿

入稿形式は出版社によって取り扱い形式が異なります。
「テキストデータのみ取り扱い」「手書きでOK」などさまざまなので、事前に確認しておきましょう。

4、レイアウト・編集

入稿データをもとにざっくりとした紙面レイアウトなどを行います。
基本は出版社が行うことが多いですが、この作業を注文者側である程度行うことにより費用を抑えられるというようなプランを用意している出版社もあるようです。

5、確認

出来上がったレイアウトを、注文者と出版社で確認します。
このあとの工程では基本的に大幅な修正を行うことが難しくなってしまうことから、修正希望があればこの段階になるまでに述べておくのが無難です。
出版社によっては修正が別途有料となるところもあり、後になれななるほど手間もかかることから高額になるケースも存在します。
(トラブルを防ぐためには、修正に関する費用についても契約前に確認しておくべきでしょう)

6、組版作業

組版作業とは「文字やイラストや図形などを希望に合わせて組み合わせて配置し、紙面レイアウト構成を仕上げていく作業」のことをいいます。

7、校正~校了

校正とは「印刷物の文字や文章の内容・イラストなどの間違いを見つけたり、よりよい表現に修正したりする作業」のことをいいます。
出版社によっては初校・再校・念校などのように、丁寧な校正を行ってくれる良心的なところもあります。
校正が完了することを校了といいます。

8、印刷製本

出来上がったものを印刷し、製本作業を行います。
出版社によっては印刷製本作業を外注するケースもよく見られますが、もちろん社内にて印刷製本が完了する会社もあります。

9、書籍完成

完成後は注文者に納品したり、書店などで販売を開始したりなどケースによって変わってきます。

 

 

自費出版

更新日:

Copyright© 本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめ , 2018 All Rights Reserved.